施設案内


mineral_guide_heimenzu.jpg

常設展示室

mineral_guide_reference.jpg

常設展示室は,洞窟を模した導入部のトンネルと7つのテーマからなります。苗木地方の鉱物や「長島鉱物コレクション」をはじめ,さまざまな岩石・鉱物とともに,その性質や生活との関わり,地域の地質などについて展示しています。

詳しく見る »


企画展示室

mineral_guide_reference.jpg

企画展示室では,鉱物博物館の企画展だけでなく,みなさんの自然に関わるコレクション・写真などを公開していただける『私の展示室』など,いろいろな展示を開催します。

詳しく見る »


レファレンスコーナー

mineral_guide_reference.jpg

レファレンスコーナーでは,地球科学・自然関連の図書やほかの博物館の情報(印刷物)を自由に閲覧することができ,閲覧用の机でゆっくりと調べものをすることもできます。
書籍だけでなく,北関東から近畿までの地形図(2万5千分の1地形図)も常備してあります。
観察用の鉱物標本・岩石標本もあり,受付に申し出ていただけば手にとって観察することができます。中津川市内の川原の石の標本もありますので,自由研究などにも活用していただけます。


研修室・実習室

mineral_guide_room1.jpg

研修室は最大80名を収容できます。
実習室は最大40名までの実習ができます。実体顕微鏡や偏光顕微鏡を使って,岩石や鉱物についてより深く学ぶことができます。
博物館の教室・講座も通常この実習室で行なっています。


きらら広場・水晶広場

mineral_guide_kirara.jpg

きらら広場は鉱物と親しむプレーゾーンです。「かんかん石」とも呼ばれるサヌカイトでつくった「石の楽器」や,長石の双晶の結晶模型を組み立てる「結晶の積み木」があります。石の楽器はとても澄んだ美しい音がします。
屋根があるので,雨天でも遊んだり休憩したりできます。雨天時のストーンハンティングはここで行ないます。
水晶広場は博物館前のバス駐車場横にある広場です。ストーンハンティングができます。


ミュージアムショップ「水晶の森」

mineral_guide_shop.jpg

ミュージアムショップでは,各種の鉱物標本をはじめ,ルーペや整理用の標本箱,書籍などを販売しています。
展示解説書や企画展の図録など,博物館の出版物も購入できます。


フィールド「夜明けの森」

フィールド「夜明けの森」

鉱物博物館は,岐阜県の生活環境保全林「夜明けの森」の入口にあります。「夜明けの森」には植樹された樹木の名前をつけた散策路が整備されています。

詳しく見る »


多目的トイレ

mineral_guide_toilet1.jpg

館内・屋外トイレとも,多目的トイレがあり,オムツ交換のできるベビーシートも備え付けられています。


駐車場

mineral_guide_parking.jpg

駐車場は無料でご利用いただけます。一般駐車場は約80台を収容できます。
博物館入口前には,2台分の身障者用駐車場と4台分のバス駐車場があります。