第24回企画展 南極の石―太古の地球をのぞく


 会期
2019年10月 5日(土) ~ 2019年12月22日(日)
 時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)


南極地域観測隊などによって採集された南極大陸とその沿岸の島々の岩石標本を展示し,南極大陸の成り立ちを紹介します。

昭和基地の西約600kmに位置するセールロンダーネ山地では,日本の南極地域観測隊によって新鉱物(Magnesiohögbomite-2N4S)が発見されています。この新鉱物をはじめ,セールロンダーネ山地の研究から,今から5~6億年前に二つの大陸が衝突して超大陸が形成された過程が解き明かされつつあります。

昭和基地の東方に位置するエンダービーランドという地域からは,およそ39億年前(太古代)という地球上では最古級の岩石が発見されています。南極以外の地域に分布する太古代(25~40億年前)の岩石も展示して,太古の地球をすこしだけのぞいてみます。


 場所
中津川市鉱物博物館 企画展示室
 費用
通常の入館料でご覧いただけます

記念講演会「南極へ行こう~南極観測隊とその活動~」

南極はどんなところか。なぜ南極を調べるのか。

元南極地域観測隊員の講師が,観測隊の仕事や南極での経験を紹介します。


 講師
小塩哲朗さん(名古屋市科学館主任学芸員)

 日時
2019年11月23日(土・祝) 13:30~15:00
 会場
中津川市鉱物博物館 研修室
 定員
40人
 対象
小学校高学年~大人
 費用
聴講無料
 受付
当日受付(予約不要)

掲載(最終更新 : 2019年9月 1日)

中津川市鉱物博物館
〒508-0101 岐阜県中津川市苗木639-15 メールによるお問い合わせ
電話 0573-67-2110 ファックス 0573-67-2191