「地質の日」記念事業を開催しました



5月10日の「地質の日」を前に,記念行事として教室や体験イベントを開催しました。


午前中には,教室「ちっちゃな鉱物を標本にしよう」を開催しました。

水晶の結晶の特徴を観察して学び,自分でさがした小さな水晶を,マイクロマウントと呼ばれる標本にしました。

準備したケースに水晶を接着剤で固定して,ケースには鉱物の名前や産地を書いたラベルをつけました。

小さな鉱物も,りっぱな標本になりました。

水晶さがし
水晶さがし
標本づくり
標本づくり

午後は「石割体験」を開催しました。
石割体験は,かたい石をプロの道具で実際に割ってみることができる,鉱物博物館でしかできない体験イベントです。

「矢」と呼ばれるくさびを,ゲンノウというかなづちで打ちこんで花崗岩(みかげ石)を割ります。

ちょっと重たいゲンノウですが,がんばってくさびの頭をたたいていくと,きれいに石が割れました。

石割体験
石割体験.jpg

「地質の日」記念行事

「地質の日」ロゴ

「地質の日」に制定された5月10日は,明治9年(1876)に日本で初めて広域的な地質図である「日本蝦夷地質要略之図」が作成された日であり,明治11年(1878)に地質の調査を扱う組織(内務省地理局地質課)が定められた日でもあります。

「地質の日」ポータルサイト 


掲載(最終更新 : 2018年5月 5日)

中津川市鉱物博物館
〒508-0101 岐阜県中津川市苗木639-15 メールによるお問い合わせ
電話 0573-67-2110 ファックス 0573-67-2191