教室「春のネイチャークラフト―恐竜『丹波竜』をつくろう」を開催しました



自然の素材を利用して,巨大恐竜「丹波竜」をつくりました。


グルーガンという道具を使って,植物の実などをくっつけながら,「丹波竜」をつくっていきました。

松ぼっくりをつけていけば,恐竜の胴体と足のできあがりです。

顔はヒメツガ,首と尻尾はオクラ,目はイチョウの実(ギンナン)です!

ほかにも,大麦やライマ大豆,カシワの殻斗(かくと)など,自然の素材をたくさん利用しました。

グルーガン
まずは胴体と足から
全体
首と尻尾はなんとオクラです!

最後に,ギンナンに目を書き込んだら完成です。

顔が上を向いていたり下を向いていたり,足がはね上がっていたり,シッポが横向きだったり・・・それぞれ個性的な丹波竜ができました

目
どんな目を描こうかな
栗谷本さん
講師の栗谷本さんの楽しいお話&楽器演奏もありました

最終更新日 :

中津川市鉱物博物館
〒508-0101 岐阜県中津川市苗木639-15 メールによるお問い合わせ
電話 0573-67-2110 ファックス 0573-67-2191